少女漫画ですらオトコとオンナのあれこれを書く時代で、今時の女子は性の経験は無くても知識だけは頭の中でパンパンになっています。

でも、射精したら『キモチイイ』男性と違って、女性が本当に『キモチイイ』を知るのはとても難しいことなんだと知りました。

なぜなら…女性の初体験には痛みを伴うことが多く…さらに、女性の快感には快感の経験の積み重ねが必要だったのです。

性感帯は何処なのか、どう触れられたら気持ちいいのか、それは十人十色です。激しいだけではダメだし、優し過ぎても到達できない。

これだけを書くと、なんだか女性は性交に対してただひたすらワガママなようにしか見えず、とても難しいことのように見えてしまいます。

でも、本当はとてもシンプルでした。

好きな人と触れ合うこと、精神的な充足感。全てはそこからです。

そして、その信頼の中で少しずつお互いに気持ちいいところを探して行けば良かったのです。

そして、雰囲気もとても大切。大きさや硬さや強さより、女性は雰囲気に感じるものだったりします。

部屋の明るさ、アロマなどの香り、音楽、人の気配。

その瞬間の充足感はあるのに達せない、というのが長く続きましたが『あ、コレが気持ちいいってことなんだ!』

と解ってからは、お互いに気持ちいい時間を感じあえるようになりました。

もし、あなたのパートナーがうまく快感を得られない時は、場所や雰囲気を変えてみるのもひとつの方法かもしれません。