私の知り合いで、なかなか結婚に踏み出せないでいる女性がいます。

なぜ踏み出せないのか、理由を問いただすと、「家の事と仕事の両立なんて今の私には無理!」との事でした。

時間が空いたので今日、二回目の利用となる風俗店を探しに岡山風俗情報満載の風俗案内所に行きました。昼間にいた男性定員に「あれ?昼間も来ましたよね?」と言われチョットはずかしかったです。

確かに、家事・育児・就労をこなしながらの生活は、大変の一言だと私も思います。

私は結婚して、まだ間もなく、子供もいませんので、案外楽な方だとも思いますが、

実際、どうなんでしょう?

昔は、女性が家の事をこなすというスタイルが普通、と言われていたみたいですが、

今は男性も家事をするという風習に変わりましたよね?

女性がどんどん社会に進出し、男性と対等で働くようになった今では、

逆に男性の方が“主夫”をするという時代にまで発展しました。

私はどちらかと言うと、自分が主人の為に家のことをきっちりこなしたいというタイプなので、

あまり協力は求めませんが、半数以上の女性が、

「夫にももっと協力して欲しい」と思っているとのデータもあるようです。

晩婚化の時代、少子化は進む一方で、晩婚を越え、

「結婚なんて面倒・結婚しなくても楽しく付き合いが出来ればいい」

という男女も増えている事も事実です。

既婚者の私から見れば、一度結婚とはどういうものなのかという事を体感してみてもいいのではないかと

思うんです。

バツ1、バツ2なんて当たり前の世の中になっているのも、何だか気が落ちますが、

今や世間体とは裏腹に満足のいく、いわゆる“自己満足の結婚”をしている方も多いのではないでしょうか・・・

知り合いの女性には、焦らずともいつかは、

「この人となら結婚しても大丈夫!」という恋愛を経て、幸せな結婚生活を送って欲しいものです。

未だ結婚というものに踏み切れない方にも、是非、自分なりの幸せを見つけて欲しいものですね。